本文へ移動
コンフォートガーデン
〒379-2301
群馬県太田市藪塚町1802
TEL.0277-78-1144
FAX.0277-78-1145
1.一般葬儀施行
2.家族葬儀施行
3.ペット葬儀施行
4.法事
5.ギフト販売
6.仏具販売
7.各種イベント施工
会員特典
●生花・盛籠・その他供物
10%OFF
●ホール使用料・祭壇使用料無料
●法事ホール使用料無料
●金券5,000円分プレゼント
(葬儀・イベント・売店
ギフト商品 に利用可能)
●位牌・仏壇の会員特別割引
0
7
9
0
4
6

コラム ※火曜日更新

「お焼香」って何回?

2020-09-22
「お焼香」って何回すればいいの?よくお客様に質問されます。
 
お葬式に参列された事がある方は、ご承知でしょうが、
みなさんが行うお焼香、何回してますか?
みなさんなんとなく、前の方に習ってみたり、
 
1回だったり、 3回だったり、
 
それはそれで、正解なのですが、お焼香の意味と回数をちょっとご理解いただけると、お葬式に参列された時のマナーとして役立つかと思います。
 
 
お焼香とは本来、香のかおりで身を清め、穢れを祓い、清浄な心身で
お参りをするための作法です。
 
お焼香は寺院の宗派により、考え方が異なるために、お焼香の回数に違いがあります。
お焼香の回数は以下にまとめてありますので参考にして下さい。
 
 
真言宗
焼香3回 「身・口・意」を清めるとされ、また「仏・法・僧」に捧げるという説、
貪り、いかり、愚痴を一つずつなくすという話もあります。
曹洞宗
焼香2回
焼香はまず右手に一つまみの香を取り軽く額に押しいただき焚きます(左手を添える)、2回目は香を押しいただかないで焚きます。初めに焚く香を主香(しゅこう)、次に焚く香を従香(じゅうこう)また添香(そえこう)といいます
浄土宗
焼香1回でも3回でも。1回の場合は一心に仏様や故人さまに感謝を告げられるという意味があります。3回の場合は「仏・法・僧」に供養するとの意味になります
真宗大谷派
焼香2回、香を額に押しいただきません
日蓮宗
焼香3回、線香は1本立てる
 
お焼香を行う事で、いかにもお葬式、と実感することもあるでしょう。
でも、みなさんよく勘違いしていますが、
お焼香したから弔いになる のでなく
お焼香はあくまでも供えるもので、香のかおりで身を清め手を合わせて心からその人の事を偲ぶのが本来の弔いなのではないのでしょうか?って思います。
(ですが、今はかおりが少ないものや、煙の少ないものが多いです )
 
私共は、故人様への御供養の意味を考えながらお葬式のお手伝いをしています。
藪塚・太田市・伊勢崎市近郊のみなさま、お葬式の事、家族葬の事、
仏事、相続、の事などでお困りや、気になる事がありましたら、一度ご相談ください。
当館スタッフが丁寧にお答えいたします。
TOPへ戻る